スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポン、春が終わる

ピンポン STANDARD BOX(通常版) [DVD]ピンポン STANDARD BOX(通常版) [DVD]
(2014/08/27)
片山福十郎、内山昂輝 他

商品詳細を見る


アニメの感想って苦手なんだけど。。。
というより漫画も含めての感想みたいだけどまいっか。

ピンポン最終回を観終わってそのまま書いている。
松本大洋先生の絵がそのままアニメになると知ってものすごく楽しみにしていた。
その物語が終わった。久しぶりにアニメに夢中になったと思う、本当に毎週楽しみにしていた。
ぽっかりと穴が空く気持ちだけど、ラストシーンの彼らのように迷いが無い気持ちだ。

記事タイトルは原作の最終回のタイトルなのね。なんとなくこれにした。
「僕の血は鉄の味がする」も好きな言葉だけどそのままこれがくるとは思ってなかった。面白い。

血と鉄というのはさ、対比であってそうでないところがあって、これ12年ぐらい前に原作読んだ時にも思ってた事だったんだけどね、「血=赤く、熱く、心が高ぶる」「鉄=硬く、冷たく、冷静である」って、真逆の印象を持つんだけど、このタイトルのように、血の中に鉄は生きていると考えると歪ながらも決して交わらないわけではないと気付くのね。
「友情」って言葉をさらっというのも恥ずかしいけどさ、友達ってのは適当な時間会わなくても大丈夫な関係だと思うのですよ。血と鉄のように同じ領域にいて落ち着くようなものでさ、知らんふりしてても心情で理解できる部分が根っこにあると思うのね。
だから、ペコとスマイルは笑ったと信じてる。

このお話は卓球スポ根だけど、主人公のペコ、スマイルを中心に、チャイナ、アクマ、ドラゴンの5人のもがきにもがいた青春群像に一貫してる。必ず誰かに自分を重ねてしまうんじゃないかな。
唐突に始まるラスト(原作では最終話)で、すごく爽やかに成長している彼らがいるのね。
プロになる者、這い上がる者、才能を捨てても幸せになる者、家庭を持つ者、気付く者・・・例えはたくさん出てきても尽きない想像が出来るってのは、それだけ彼らが抱え込んできたものを受け入れる懐の広さを得ることにより、大人になったという事なのだと思う。
「春が終わる」ってのは青春の終わりを指してるのかもしれないが、それでも「また夏が来ますね。賑やかになりますね」って言えるだけ、大丈夫。彼らはもう大丈夫。

もうすぐ夏ですね。
また、暑くなります。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。