スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林檎マークの市民権を得た話

MacBook Airを買った。もう5日目になる。

この記事もマックで書いている。
この軽さはなにかを起こしたくなる気にさせてくれる。

学生の時には授業にはマックを使用していたが、社会に出てからはずっとWindowsでした。
古くからのマックユーザーには私がマックを買ったことを驚かれました。
それほど縁がないようにも思われていたのかと。。。
久しぶりにコンピュータに対して初々しい気持ちで、膝の上に乗せても全く苦にならない大きさと重さに心地よささえ覚えながら、あれこれと触っている。
iPadが埃をかぶってしまいそうだ。それだけの軽さとレスポンスを実感する。

とはいえ、決してWindowsを捨てるつもりは毛頭ない。実作業はソフトの量など、選択肢の幅では圧倒的にWindowsが上なのはわかっている。
Macは世界一高機能ではないかもしれないが、世界一美しいコンピュータという言葉を思い出す。
要は使い分けができればいいのだ。

かなり広い空間に何を置いてもいいのがWindows。
高級家具が全て揃ったMac。

このたとえが最もしっくりくる言葉だと強く覚えている。まさにその通りだと思うのだ。

冒頭にも書いたが、何か新しい事をしたくなる期待感がある。
そしてそれに答えてくれるポテンシャルを感じている。
スタンダードになるとまでは言わないが、欠かせない片腕になるのではと期待している。

と、それなりに自分にとってはちょっとした事件なAppleコンピュータを我が家に迎えた件を、留めておきたいと思いその衝動のままこれを書いている。いい買い物をしたと思った。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。