スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくのなつやすみ4

ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図ぼくのなつやすみ4 瀬戸内少年探偵団、ボクと秘密の地図
(2009/07/02)
Sony PSP

商品詳細を見る

FallOut3と逆転検事売り払って、これ買った。

シリーズ初の携帯機でのぼくなつ。
舞台は1980年代の瀬戸内海。
どんなもんかと思いましたがかなり快適。
1と2しかプレイしてないけど、今までのが「泣けるゲーム」だとしたら「遊べるゲーム」になった感じ。
テーマソング(1:この広い野原いっぱい 2:少年時代 3:ひまわり娘)が「ギンギラギンにさりげなく」になってるあたり、ノリノリで始まります。
いつでも思いついた時に夏休みに突入出来ます。

出来る事、変わった事を箇条書きすると

・虫取り(水槽を買えば水生昆虫も)
・虫相撲(団体戦が可能)
・モンスター消しゴム相撲
・海水浴(ビンやモン消しがゴロゴロ落ちてます)
・釣り
・釣った魚を料理してもらう(レシピ約30種)
・絵日記が1日おきでなく、イベントおきに書き込める。
・絵日記の文章が選べる。
・秘密基地が合言葉制に(なかなかマニアック?)
・50円ゲームそのまま移植
・盆踊りで太鼓たたける
・ハミガキカレンダー

思いついた部分でこれだけ。
たぶんもっとある。
改めて気づいたけど、今まで夏休みを扱っておいて、夏祭りのイベントがようやく初登場?
3は未プレイなので知らないのだけど。

相変わらず個性豊かな面白家族や近所の人達にかこまれて、8月1日から8月31日まで思い思いの夏休みを満喫する。
昆虫採集に勤しむもよし、虫相撲のチャンピオンになるべくトレーニングに励むもよし、晩のおかずの為に釣りばかりするもよし、おじちゃんから出された水軍の地図探しをするもよし、ひたすら海の中をスイスイ泳ぐもよし、個性豊かなおともだちと交流を図るもよし。
会話の節々に昔を思い出すフレーズがわんさかとあり、この時はギリギリ生まれたか生まれてないかの頃だと思うけど「全員集合の停電が?」のフレーズに吹いた。
秘密基地の合言葉に「ウメボシ食べて」→「スッパマン」と答えるとかね。



色々書いたけど、大体の魅力は上記の8年前に発売された「ぼくのなつやすみ2」の25日連続で流した連載CMに込められている。シリーズ一貫しての魅力は失われていないので。
改めて見ると、ぼくのなつやすみ第1作を突然友人から借りてきて、毎晩のようにやってたうちの父もこういった事を考えていたのだろうかと考えると(´・ω・`)ってなる。

キレイキレイでおなじみの上田三根子さんが手がける、かわいらしいキャラクターが織り成すなつやすみ。
言葉の節々に鼻の奥がツンとなりながら、晩飯の為に釣りに勤しんだり、「女の人はどうしておっぱいがあるの?」という質問の答えを一緒に模索しながら、遊ぶ最近です。
カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。