スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終回:恋人の帰りを窓際で待つ彼女



一度くらいやろうじゃないかという事をしました。
彼等のゲームはこれで本当におしまい(環境的に)。

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした。
今回のラスボスは眠れる森の美女の魔法使いさんだった、というわけで。
まさか、本当にピートが噛んでない話があるとは……ようやく改心したのかな。

跳躍力をましたミッキーが主役というわけで、やはり全体的に地の繋がったステージが少なく、細かい足場をジャンプアクションで渡っていくという、浮島アクション的な印象が残った近作ですが。
19年前ということもあってか、今回は本当にファミリーの中でもミッキーとミニーの二人のみのお話という点から、ドット的のデザインまで、どこか最初期のミッキーを髣髴とさせてくれる作品だったと思いました。

でも、だからこそ最後はピートで閉めてほしかったですw
モノクロ初期の頃は、その三人か、昔の目がレーズンでちょっと頭がおかしいグーフィっていうイメージが強かったものでw

とりあえず、このたびもお疲れさまでした。
マザー動画を作成中とのことで、楽しみにお待ちしております

【コメントレス】

>>ニコさん様

ピートがからまない話では唯一だったかもしれませんね。
マレフィセントという名前は出なかったので、今はミゼラブルという事にしましょう。
もうピートが無理に絡む必要はどこにもないと思っています。
ファミリーという単語でギャーギャーやってきましたが、あの話はもうこれ以上掘り下げるつもりは
ないので(´・∀・`)
マザー動画についてはちょっと微妙になってきました(´゜Д゜`)
カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。