スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウイマラード



このゲームの場合、ドナルドではなくマウイマラードと呼ぶのが正しいそうですが呼びづらい。
インディの「真の考古学者は図書館に用は無い」という言葉に感化されたのだろうと勝手に脳内補完するといつもよりかっこいい。

そんな、ドナです。

コメントの投稿

非公開コメント

うわっあああああなつかしい!!

今この動画を開いてOPの場面で、あれ? って思うまで完全に記憶の引き出しに埃被ってました。
これたしか持ってないくせに、やった記憶があるのは何でだろう、確認した所所有してないのに、絶対に友達の家以外のところでやったことあるんですよ。この独特の感覚が気持ちを悪い。

それにしてもアイテムとかステージのギミックとか弾丸の種類とかは覚えているのに、ステージの構造はまったく思い出せないというね。貴重な感覚を得ました。
昔はお宝習得率とか考えないでやってたな~、っていうか、花火のボーナスゲームも覚えてましたけど、あれしないとパスワード出てきませんでしたっけ。
なんでピンポイント鬼畜使用なんだか。
なつかしい見知ったゲームプレイで、面白かったです。

【コメントレス】

>>ニコさん様
なつかしいですか?
私はかなりうろ覚えでしたので、とても新鮮にプレイする事が出来ました。
洋ゲーですので要所の難易度はとても高く感じますが、パスワードがあるだけマシなのかもしれません。
でもあのミニゲームクリアが意外と難しいので、変な緊張感を感じてしまうのです。
カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。