スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キサラギ

キサラギという映画がある。

キサラギ スタンダード・エディションキサラギ スタンダード・エディション
(2008/01/09)
香川照之ユースケ・サンタマリア

商品詳細を見る


D級アイドル「如月ミキ」が謎の焼身自殺を図り1年、数少ないネットのつながりでしかなかったファンがオフ会の形を取った1周忌として集まる。
家元、安男、オダ・ユージ、スネーク、イチゴ娘とHNを持つ5人の男達が集まって最初は初対面のきまずさが抜けきらないままオフ会は始まるが、オダ・ユージの呟いた「自殺ではなく他殺だとしたら?」という仮説から彼等の意外な姿に明らかになってくる・・・。

こういったずば抜けた傑作を観ると、いくら客寄せ要素臭しかしてこなくなった邦画の数々を分かっていても「もしかしたら・・・!」と期待してしまう気持ちを抑えきれない。
これも邦画ならではの密室型ストーリーなのでいつもどおりの軽い気持ちで劇場に入った事を覚えている。
あの鑑賞後のずば抜けた満足感はなかなか感じられないと思い、ようやくDVDでレンタルし再鑑賞できた。

てか、これ木曜洋画で8月に地上波でやってたんですね(´゜Д゜`)
全然知らんかった(つД`)大人しくコマンドーやってろよ。

急用によりミニー最終回を延期しましたが、これは観ておきたいと思ったのでPS3に突っ込んで、倒れるようにしながら観てましたが話が進むにつれ、急転する展開に自然と身体が起き上がるw
「笑の大学」でもそうですがメインの話が進行する場面が基本的に一つの部屋しかないという制限の中でじっくり100分以上楽しめるアイデアを詰め込む手腕は、日本人ならではと感じる。
人付き合いで観にいった「恋空」やら「世界の中心で愛を叫ぶ」など、やたらCMやら宣伝見る割には、鑑賞後には金をドブに捨てたような気分になるのは山ほどありますが、もっとこういった隠れた(少なくとも私はそう思う)名作はもっと評価されるべき。
「全国が泣いた真実の物語」を観にいった後申し訳なさそうにしながら、食事する羽目になった彼女にこっちも何も言えねーだろーが(゜Д゜`#)冗談の一つも言えねーよ。
本当に泣いちゃったの「マリと子犬の物語」以外知らねーよ。
子供向け映画だと分かっちゃいるが・・・(`;ω;´)ワンコがー!!

下手に「真実」とつけるよりは「作り話」とつけたほうがずっと日本人向けだと思う。
「1億人が泣いた、笑った作り話」
・・・伊集院もそんな事言ってたな(`・ω・´;)

面白かった(´・∀・`)

コメントの投稿

非公開コメント

テンショングレードアップ!!

キ、サ、ラ、ギ。キターーーーー!!

すいませんもう本文ろくに読んでないのにコメント開いちゃいました。
これ超おもしろいですよね。親に誘われて見に行って予想上におもしろくて感銘を受けましたよ。

何が面白いかって、舞台は一つの小さな部屋のみ。いわゆる舞台形式、ワンシチュエーション・ムービーという珍しくも難しい形式でありながら。
ここまで起承転結がはっきりしていて、進むにつれて伏線が解かれ、笑えてどきどきして、謎が解かれていくうちにああなるへそと思いながら見れて物語の全貌をまさに開きながら見てるあの感覚。
エンターティメントがそのまま形になったような映画を見たことが嬉しかった。もう劇場中、あれがこうでああなんだとか親とぼそぼそ小声で興奮して、見た後のああおもしろかったと、すげー空気が美味しかったっていうあの感覚はめったにない。
正直貶す所がないんだもん本当に。
こういうヒーローとか壮大とかでは味わえない、素朴で地味で小さい物語に酔って満足できる作品はめったにありませんよね。

なんだろう絶対気のせいだろうけど、宣伝文句少ないや、ローカル劇場限定とか、そういうもののほうが面白いものが多い木がするんだよな。映画マンガ小説問わず。
少なくとも自分の短い経験の中では絶対にそのパターンが多い。
まあ、種類好みというものが在るので、恋愛や悲壮感たっぷりものはあまり見ない自分だからこその意見なのでしょうが。(洋画だって、絶賛されているスパイダーマンやダークナイトとかバックトゥーザ(略とかばかり好きですしね)
これは本当に面白いといえたので、なのさんと意見があってうれしい、興奮がよみがえりました。なんかうざくてすいません。

さて、アフタースクールという映画をご存知でしょうか?  大泉洋さん主演の映画なのですが、これもなかなかおもしろいです。貶すところがないというほどではないので、自分至上ランキングではキサラギがダントツ一位ですが、これはそれに次いでいます。
伏線回収や構成など見た後キサラギを彷彿とさせる満足感を感じました。
良ければまたの機会にでも見てもらいたい作品です

長々と興奮馬鹿ですいませんでした。

どうぞnanoさんペースで、ゆっくり最終回迎えてくださいな(^-^)

キサラギかぁ。公開当時CMで見て、「見てみたい~!」と思ったけど見ていないです(x_x;)DVD出たんですね!今度こそ見よう!
最近だと「容疑者Xの献身」に興味があるけど、果たして見に行けるか(´ヘ`;)
大体邦画は「さくらん」以来見てないかも…。ああいう女の生き様みたいなのは共感できるところも多く、かなり号泣する私ですww

あ これ・・・

昔CMで見て気になってたんですよね

結構面白いみたいですね!

今度借りるか買うかしてみてみようと思います

キサラギ木曜洋画で見ちゃいました。
あれはいろんなものが重なり重なりの
展開で最後まで飽きずに見れて面白かったw

もちろんコマンドーも見たんですがねw

そろそろ酔拳2やるかな?

【コメントレス】

>>ニコさん様
非常に熱く語っていただきありがとうございます。
宣伝文句による先入観が、向こうが想定している以上に大きい事がほとんどのケースが多いです。
まぁその通りなのですが。
アフタースクールは知りません。
レンタルで見かけましたら是非借りてみようと思います。

>>マスク様
容疑者Xの献身も概ね評判いいみたいですね。
ガリレオは1話だけなんとなく観た程度なので余り知識ありませんが、必要ない作りのようで観るのもありかなぁと思っています。
さくらんは漫画読みました。
私、漫画で泣いちゃった事はないのでそういった物にいつか出会いたいものです。

>>百合♂様
CMもそんなにバンバンやってたわけではなかったと思いますが、DVD特典見る限りは確かに観た覚えあるんだけど・・・いつだったかなぁ。
是非観てみてください。

>>まいきー様
木曜で見れたのですかwいいなー。
若干強引ではあるかなぁと思ったのですがD級アイドルという設定に妙な説得力をもたせたのが素晴らしいと思います。
小栗旬のへこみっぷりが最高w
木曜劇場はなんでまたこう、アクション多いのでしょうね。
と、思って油断してたらこんなんやってますしorz

こ れ は !

この前テレビでやってたっ!!
見ようと思ったのに見忘れたやつではないか!!(゚ω゚屮)屮

やっぱ面白いんですね、これ…
見ればよかったOrz
今度借りてこようかな…

「これは面白いっ!」とかいろんな人が宣伝してるのにはどうも疑り深い目で見てしまうww

今年2月に上演されたジョニー・デップのスウィーニー・トッドも、
いろんな人が宣伝してるのとは別の楽しみ方をしていましたしww
あれはそんなに怖いという感情は起こらず、むしろ切なかったです。。

劇中歌が面白くて、映画館で見ながら友人と2人して笑いましたwwww

【コメントレス】

>>yuki様
ちょうど8月頃じゃないでしょうか?
その時にやってたようです(´;ω;`)
これは面白いです。是非レンタルしてみてください。
過剰な宣伝文句は確かに疑ってしまいますねw
広告と中身が伴ってないのは確かに多いです。
スウィーニー・トッドもデップの別の魅力があって良かったんですけどね。
怖い怖いと宣伝してますけど、逆にそれだけ言われると然程怖くなくなるのはなんでだろ?

劇中歌どんなのでしたっけ?
カウンター
プロフィール

nanoさん

Author:nanoさん
nanohako★live.jp
(★を@にしないと届きませんよ)


最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
なのさん用
アフィ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。